株式会社加藤八トップ 会社方針 製品一覧 新着情報 会社概要 採用情報 お問い合わせ

製品一覧 Products
シルク(スクリーン、ホットスタンプ)印刷課の 製品一覧です。ご質問など御座いましたらお問い合わせ下さい。
スクリーン印刷
レンズ面にスクリーン(シルク)印刷、ホットスタンプを行っています。
シルクスクリーン印刷とは
シルクスクリーン印刷に使われているシルク版やスクリーン版と言われる物に使われている透けて見える部分と抜けている部分があるフィルムのようなシートのことを、メッシュ(mesh)とか スクリーン(screen) と言い紗(しゃ)と言う事もある。当初は、版の材料として、絹の布地が使用されていたが、持ちが悪く再版頻度が高いため現在では合成繊維を使った版が多くなっている。
「シルク印刷」、「シルクスクリーン印刷」と言われる由来は版に絹を使っていた事から来ているらしいが、先にも述べたように、現在では「シルク(絹)」は使われない事から「スクリーン印刷」と言うようになって来ている。

印刷版には、「メッシュ」と言う言葉が使われる事がありますが、メッシュの前に数字が付きます。たとえば300メッシュとか200メッシュといった具合で、版のインクの抜ける隙間の大きさの目安となっています。
糸状の物が縦と横に繊維のように織ってあり、この糸のピッチ(間隔)を決める数値で25.4o(1インチ)の間に何本並べるかと言う事になります。
300メッシュの場合、25.4oの間に300本の糸が、200メッシュの場合は200本が並ぶ事になります。隙間のメッシュの形は正方形になるので縦横同じ数が並びます。このようにして、隙間を変える事でインクの抜ける量を多くしたり少なくしたりして印刷の仕上がり具合に合わせて調節し、版を決めます。




版の種類を仕上がり目的とする画像を元にカラー毎に版を作る事で多色刷りも可能になります。ただ、いくつもの版を使用するので位置合わせなど、一寸したコツやノウハウ、工夫が必要になります。
         赤色             金色
スクリーン印刷赤  スクリーン印刷金
印刷内容やデザインはお打ち合わせをさせて頂きます。インク色はご希望の色調に、または色サンプル等があれば、サンプルの色調に合わせる事が可能です。


生産部
加工
成形
真空蒸着
染色・ハードコート
スクリーン印刷
事業部
オプトコム事業部
ラボ21事業部
舞企画事業部
Copyright(C)2005Katohachi Co.Ltd. All Rights Reserved