加   工
株式会社加藤八トップ 会社方針 製品一覧 新着情報 会社概要 採用情報 お問い合わせ
加工課では様々な素材のレンズをアンカットの状態から眼鏡フレームに合った形状に加工する事が出来ます。
加工を行う場合硬度や擦傷性など状態が違ってくる為、取り扱う時も素材それぞれに合わせ柔軟な対応を持ち
細心の注意を払っています。
加工の種類(形状)もノーマルなものから特殊なものまで、様々な形状に対応しています。


 加工例
アンカット 加工後
・ノーマルな加工    

 レンズの種類
レンズの素材は、大きく分けると、樹脂(プラスチック)と硝子の2つになります。

樹脂(プラスチック)レンズ
更に樹脂の種類を分けると、アクリル、ポリカーボネート(通称:ポリカ)、CR−39(通称:CR)、ナイロン、ウレタン系樹脂、トリアセテート(通称:トリアセ)があります。
樹脂(プラスチック)は金属などから比べると傷が入りやすいので、扱いには十分な注意が必要になります。

硝子レンズ
硝子レンズの表面は硬いので傷は入らないと思われる方も多いと思います。しかし、樹脂レンズほどではありませんが、傷は入るものです。また、樹脂と大きな違いは割れやすいと言うことも有ります。

硝子の薬品強化
硝子レンズの「割れ易い」と言う性質を改善するために「薬品強化」と言うものを行っております。薬品により強化され、割れ難くなると言う処理を行います。
    
(※薬品強化は「割れなくする」のではなく、「割れ難くする」ものであり割れないことを保障するものでは有りません)

 加工の種類
眼鏡フレームには、レンズを装着する為の金属線によって作られている枠がある「フルリムフレーム」、レンズ自身に穴を開けて固定する「ツーポイントフレーム」など色々な形状があります。
この様々な技法で装着されるレンズのカット面も、技法に合わせた形状になるように加工しなければなりませんので、形状の種類には何種類かあります。
1/100o単位での厳しい寸法公差を求められますが、ご要望にお応えしご満足頂ける製品をお届けしております。

製品一覧ヘ
生産部
加工
成形
真空蒸着
染色・ハードコート
スクリーン印刷
事業部
オプトコム事業部
ラボ21事業部
 株式会社 加藤八
〒916-0001
福井県鯖江市吉江町105

TEL 0778-52-5757
FAX 0778-52-8209
アクセス
採用情報
フラッシュプレーヤーダウンロード
フラッシュを使用しておりますので
フラッシュプレーヤーが必要になります。

 
Copyright(C)2005Katohachi Co.Ltd. All Rights Reserved